Nutrition management

原因の分からない偏頭痛は漢方薬で改善できる【そのメリットを紹介】

不快な頭痛を改善

改善する方法とは

レディ

頭痛とはその名前からも分かるように頭が痛むという症状の事で、様々な事が原因となって発生します。代表的なものとしては発熱の影響による頭痛等が挙げられますが、それ以外にも偏頭痛と呼ばれるタイプの頭痛もあります。偏頭痛とは脳を走っている血管の一部が何等かの理由で過度に拡張し、それによって血管近くの神経が刺激される事で発生します。このタイプの頭痛は脈打つようにズキズキと痛んだり、ひどくなってくると吐き気も起きたりするのが特徴です。症状が強くなったり頻繁に起きたりすると生活に支障をきたす事もあるので、早めに対処するのが望ましいと言えます。偏頭痛を改善する具体的な方法に関しては、市販の頭痛薬を飲むというのが一般的に知られています。この市販の薬を飲むという方法は早めに行えば、高い改善効果を得る事が可能だと言えます。しかし飲むタイミングが遅くなると効果が出にくくなったり、頻繁に薬に頼るのには抵抗がある人も少なくないです。こういった場合には市販の頭痛薬を使うのではなく、漢方の力を借りるというのも効果が期待出来ます。偏頭痛の改善に効果的な漢方については葛根湯や桂枝人参湯、加味逍遥散等が代表的なものとなっています。偏頭痛に効く漢方薬と一言に言っても多くの種類があるのですが、原因や症状によって使う漢方薬が異なってきます。そのため市販の物を使うのも良いのですが、出来れば漢方の専門店に相談して自分に合った物を使うのが望ましいと言えます。

二つの大事なポイント

レディ

偏頭痛が起こるメカニズムとして、脳の血管が炎症を起こし、血管が傷つくことで起こるといわれています。そうだとしたら、偏頭痛に悩まされている人は、脳の血管関係の病気を患うリスクが大きくなると考えられますので、対策が必要です。薬を飲めば偏頭痛の痛みは治まりますが、対処療法に過ぎないことから、もっと積極的に理由にアプローチする必要があります。けれど、薬ではどうにもならないとしたら、サプリメントを試してみるのがいいでしょう。脳内にあるセロトニンの分泌量が減ると、収縮していた血管が開き、血液の流れが多くなることで、偏頭痛を引き起こすとされています。そのため、セロトニンの分泌にも気を遣う必要がありますし、女性の場合、ホルモンの中のエストロゲンが不足することがセロトニンと関係してきます。更年期障害の症状の一つに頭痛が挙げられるのは、脳の血管の収縮と拡張に原因があると考えられそうです。効果的なサプリメントとしては、セロトニンのコントロールをするフィーバーフューというハーブや、ミネラル不足を指摘する声もあることから、亜鉛などのミネラルもいいでしょう。大豆イソフラボンも女性ホルモンのバランスを整えるという意味では、40代以上の女性にはお勧めです。摂取のタイミングはサプリメントそれぞれに指摘がある場合は指摘通りに、特にない場合は食後に摂取するようにします。まとめて飲む、あるいは一日何度かに分けて飲む場合でも、食後であれば胃にかける負担も和らぎ、サプリがもたらす胃への負担というデメリットを解消できます。

副作用が少ない

女の人

偏頭痛を持っている人は多く、若い人や年配の人、そして性別に関係なく多くの人が偏頭痛に悩まされているといった現状があります。しかし、対処方法が分からないまま、症状をそのままにしている人も多いのではないでしょうか。偏頭痛の原因はとてもたくさんあります。気圧の変化などでも症状を発症する場合があり、雨が降る前などに頭が痛くなるといった症状に悩まされている人もいるのです。また、強いストレスから偏頭痛を発症してしまうこともあります。仕事の影響など、強いストレスが溜まってしまうことで頭痛が発生し、またこうした頭痛は慢性化してしまうこともあるのです。こうした偏頭痛に悩まされている場合は、サプリを上手に活用して改善を行うこともできます。偏頭痛の最大の原因は、セロトニンの過剰分泌によることです。セロトニンが過剰に出てしまうことで、脳の血管が開いたり閉じたりを繰り返してしまい、こうした繰り返しが頭が痛いという症状になってしまうのです。このセロトニンを上手にコントロールできることができれば、偏頭痛も同時にコントロールできるようになります。セロトニンのコントロールに効果が高いとされているフィーバーフューは、ハーブの一種でありサプリなどにも使用される体に優しいものです。セロトニンを上手にコントロールする役割のあるこうしたサプリをまずは試してみましょう。副作用も少ないことから、長期的な使用を行いやすいサプリだと言えます。