Nutrition management

原因の分からない偏頭痛は漢方薬で改善できる【そのメリットを紹介】

偏頭痛に効果的な漢方

症状と体質をしっかり判断

婦人

頭痛にもたくさんの種類がありますが、特に偏頭痛の治療に用いられることの多い漢方薬をご紹介します。漢方では、患者の体質を判断しながら処方を変えますので、ご自分で判断する際にはその点に留意してください。まず、偏頭痛の漢方と言えば、呉茱萸湯と五苓散です。 呉茱萸湯は体力が中程度かそれ以下の人向きで、大熱の性質を持つ呉茱萸を使用するので特に寒がりで嘔吐を伴うときに効果的です。五苓散は体力に関わらず、尿量が少なく喉が渇く症状などを伴うときに使われます。共に、気圧の変化によって引き起こされる頭痛にも効果があるとされています。また、川きゅう茶調散は、とりわけ偏頭痛というわけではありませんが、体力に関わらずに頭痛には取り合えずこれというようなとても便利な漢方です。これも体力に関わらずに使用されます。風邪の頭痛にも原因がわからないときにも広く使えますが、 症状が出てきたときに頓用で服用した方が良いでしょう。比較的、女性に向いているのは加味逍遙散や桂枝茯苓丸です。共に更年期障害やホルモンバランスの乱れによる諸症状やイライラにも効果があります。特に、加味逍遙散は自律神経失調症にも応用されることが多い処方です。頭痛の原因は多岐に渡っているので、女性は試してみる価値があるでしょう。加味逍遥散は体力のない人向き、桂枝茯苓丸はない人向きのようです。その他にも、例えば筋肉の緊張が原因で起こる緊張性頭痛には葛根湯、眩暈を伴う頭痛には半夏白朮天麻湯という風に、偏頭痛かどうかに限らず、しっかりと原因や症状によって適宜、漢方薬を判断するようにしてください。

自然界の成分で治せます

サプリメント

偏頭痛が起こると仕事や勉強が手につかずに困ってしまいます。ひどくなると一時的に日常生活を送ることも困難になり、ついつい薬に頼ってしまうことが多いです。薬は胃への負担もあり気分不快を起こす人も多く、できれば体に優しい方法で改善していきたいものです。偏頭痛は色々な原因で起こります。血液の循環が関わっており、循環が良すぎても悪すぎてもその原因になります。日常生活で緊張していたり、過度にストレスを感じている時に起こりやすいです。また気圧の変化や睡眠不足などといったことも偏頭痛を発生させます。偏頭痛の対策方法として、ハーブを使うことができます。ハーブは気分をリラックスさせる効果があります。また鎮痛作用もあり、痛みを優しく経験させてくれます。その中でもフィーバーフューという成分は、より偏頭痛に良い効果をもたらしてくれます。フィーバーフューはハーブティーとして飲むことができます。普段のリラックスタイムにお茶の代わりに飲むことができますが、味が独特で強い苦味があるので好き嫌いが分かれます。この味が苦手な場合には、フィーバーフューが含まれたサプリを使用します。サプリは苦味が気にならずに簡単に取り入れることができ便利です。偏頭痛に有効なサプリは、痛みが起こった時に飲むものではなく毎日継続して取り入れることで痛みが徐々に軽減していくのを感じることができます。サプリは薬ではなく体に負担がかからないので、使用方法をしっかり守り飲み続けると不快な痛みから解放されます。

効果を理解する

頭を押さえる人

偏頭痛に悩まされている人はとても多く、日本人の場合は5人に1人は何らかの偏頭痛を持っていると言われています。症状が起こるタイミングははかりにくく、突然何の前触れもなく起こることからとても不快に感じてしまいます。しかし、偏頭痛が起こるタイミングは人それぞれ何らかの前触れがあると言われています。例えば、雨が降るような気圧の変化が起こる場合や、寝不足が続いたようなとき、そして強いストレスを感じているときにも偏頭痛が起こるタイミングになることがあります。こうしたことを理解することができれば偏頭痛が起こる前に何らかの対処を行うことができるでしょう。しかし、重要なことはどのような対処を行うかです。偏頭痛が起こるタイミングが理解できても、対処方法を間違ってしまうことで上手に対処はできないでしょう。偏頭痛を対処する場合には、サプリを利用することをお薦めします。サプリを上手に活用することで、偏頭痛が起こる前に抑えることができるでしょう。サプリには、フィーバーフューやにがり、そしてオオイタドリなどの自然食品が配合されていることが一般的です。偏頭痛は血行が良すぎても悪すぎても起こる可能性が高くなってしまいますので、血流を自然な状態に保ってくれる効果のあるサプリを選ぶことが重要です。漢方と同じような効果を持っているサプリが多いため体にも優しく、安全性も高いのでサプリを活用して偏頭痛の症状を上手に和らげるようにしてみましょう。